« 富士山の下に何がある | トップページ | 恐竜のすす払い »

2005年12月15日 (木)

化石の値段

IMG_8148b 明日から始まる「東京ミネラルショー2005」へ行ってきました。まだ今日は準備中でしたが、関係者などは見学や買い付けなどでました。以前とくらべて大物や高額なものはきていませんでしたが、最近の「ストーンブーム」で女性客も多いとのことでした。博物館関係者やバイヤー、いろいろと懐かしい人とも会えました。明日からは大勢の人がそれぞれの趣味や興味で、化石や岩石、鉱物などをたくさん買っていくのでしょう。

IMG_8149b ここで売られている化石や鉱物には値段がついています。この値段はどのようにつけられているのでしょうか。化石など値段はあってないようなものですが、ほしい人がいる限り、この資本主義の世界では需要と供給の関係なのか、なんでも値段がついています。納得するものもあれば、どうやってつけられたのか疑問のものも。最近はネットオークションでも化石が売買されているといいます。売れるものであれば、みつけたもの、掘り出したもの、売ったもの勝ちで、未記載のものまで売られてしまう場合もあります。標本をもっていない博物館は、これまでよいお客さんでした。

以前、中国の「孔子鳥」を日本の博物館で購入したのが問題になりましたが、流失した標本の散逸を防ぐのも必要な手段かもしれません。ただし、買う人がいるから、売る人もいるということで、モラルのない売買やイミテーション、詐欺、密輸などが横行するのは気にかかります。ミネラルショーが多くの人々に化石や鉱物の魅力や興味を広め、見ることの楽しさやささやかな買い物の楽しみを与え、また学術的な交流の場でもあることを望みながら、見学させていただきました。

|

« 富士山の下に何がある | トップページ | 恐竜のすす払い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154824/7640899

この記事へのトラックバック一覧です: 化石の値段:

« 富士山の下に何がある | トップページ | 恐竜のすす払い »