2016年7月 7日 (木)

韓国めぐり

6月末から7月初めにかけて、韓国の海洋科学博物館のセミナーに招待されて行ってきた。大田市の国立科学博物館でセミナーを行い、ソチョンの国立海洋多様性研究所(シークアリウム)、国立生態環境研究所(エコリュウム)などを視察させていただき、ソウルではチャンドックン(昌徳宮)の観光もしてきた。日本では国立のこのような教育施設も備えた研究所が充実していないが、韓国では国家事業として力を入れていることを感じた。

Kor160707Kor160706Kor160703 大田市は数年前に科学万博を行った都市で、人口集中するソウルから日本のつくば市のように研究所や政府機関を移すことを目的にしているらしい。ホテルのすぐ近くに万博公園があったので、6月30日の朝に散歩した。
セミナーは国立科学博物館で行われ、セミナーの前に科学博物館の中を見学した。日本の科学博物館は自然史博物館に近いが、ここは科学技術館または未来館的なまさに科学館だった。
Kor160709
Kor160713_2Kor160712Kor160710 Kor160711_2 7月1日には、中型バスでソチョンに移動し、国立海洋多様性研究所の教育施設であるシークアリウムを見学させていただいた。標本を中心に展示は展開していたが、研究の成果があまり感じられなかった。また、来館者も多くはなかった。まだできて日も浅いのかもしれないが、研究所の方は所長に挨拶しただけで、研究室などを見れなかったのが残念だった。
Kor160718Kor160715Kor160714 Kor160716 午後から国立生態環境研究所の教育施設であるエコリュウムを見学した。熱帯や砂漠、温帯、極など5つの環境を展示したドームがあり、英語のガイドツァーで1時間かけて回った。年間100万人が訪れるらしく、館内は多くの見学者がいた。蟻の研究者がいるのか、蟻についての展示が充実していた。ここはエコリュウム以外に広大な敷地にいろいろな環境があり、生態的な研究調査も行われているようだったが、展示施設のみの見学となった。
Kor160720_2 最終日の午前中に、ホテルに近いチャンドKor160719 ックン(昌徳宮)を見学できた。朝鮮王国の宮殿で、チャングムなど韓国ドラマの舞台でもある。宮殿の建物や庭園を見学していると、観光客も増えてきて、さすが観光地という感じがした。
今回の旅は、私にとっては初めての韓国との出会いで、東京からも沖縄ほどの距離で、とても距離的には近く、今後も交流ができればよいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

伊良部島探訪

15020901ブログも長い間、更新しなかった。2015年2月に久しぶりに奥さんと沖縄に飛んだ。羽田からのフライトでは、富士山と南アルプスがはっきりと見えた。昨年から空路が変更して、駿河湾ではなく、静岡市上空を飛ぶようになったため、三保が空撮できなくなった。

150209021502090315020904那覇から乗り継ぎで宮古島に飛び、池間大橋を渡って池間島に行った。天気はよくなかったが、以前に来た時よりも少し天気はよかった。帰りの途中に島尻のマングローブと島尻港の島尻層群を見た。

15020905150209061月にできたての伊良部大橋を渡って伊良部島に行った。橋の入口がわからず、フェリー乗り場に行ってしまったが、無事、大橋を渡って、伊良部島のホテルに着いた。そのホテルは、連ドラで見たようなホテルだった。

150210011502100215021003次の日の朝、渡口の浜を散歩した。綺麗なサンゴ砂の砂浜と琉球石灰岩の磯の海岸が広がっていた。小雨もあり、虹が出ていた。

15021004150210051502100615021007下地島で石灰岩ドリーネでてきた通り池を見て、西海岸で海を見ながら、島を一周して、琉球石灰岩のヤマトブー大岩を見た。

15021008150210091502101015021011

伊良部大橋は、全長3.8kmもあり、3回往復した。天気もよくなり、青い空にエメラルドグリーンの海がとてもきれいだった。

15021012宮古島の交通安全のおまわりさんの人形が、「まもるくん」と呼ばれて、最近では島の観光名物になっていた。しかし、この「まもるくん」には、いろいろな個人?の名前があり、これは「つよしくん」だった。

15021101150211021502110315021104次の日は沖縄本島の本部半島北西端にある、最近人気の備瀬のフク木並木に散策に行った。ちゅら海水族館のすぐ北側にあり、ゆっくりとした時間を過ごした。海岸には、ビーチロックが広がっていて、天気もよく、海もきれいだった。次の日は、昼頃の静岡便で帰ったが、眼下に昨日行った、本部半島が見えた。

1502110515021201



























| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

宮崎探訪

3月中旬に富士山静岡空港からFDAを利用して鹿児島空港に行き、宮崎県に行ってきました。借りたレンタカーのマビが故障して車を交換してもらい、1日目にえびので泊り、次の日宮崎市へ行きました。

Miyaz_130301Miyaz_130302Miyaz_130303Miyaz_130304Miyaz_130305

宮崎市では宮崎神宮の北にある宮崎県総合博物館を少しだけ見学し、青島へ行きました。青島では宮崎層群青島層のいわゆる鬼の洗濯岩と呼ばれるタービダイト(砂岩泥岩互層)を見て、青島神社に参拝し、加江田渓谷に入りました。渓谷の入口についたのが午後3時だったため、貝化石が産出するといわれる場所まで行けませんでしたが、ここでは宮崎層群の厚い砂岩層が見られました。渓谷ではすでに桜は散りかけていました。

Miyaz_130306Miyaz_130307Miyaz_130308Miyaz_130309Miyaz_130310


Miyaz_130311

Miyaz_1303123日目はあいにくの雨でしたが、西都市付近をドライブしました。古墳公園では博物館があいにく休館で見学できませんでしたが、公園のレストランで食事をしました。公園は桜と菜の花が満開で、人も多く訪れていました。4日目はお昼まで時間があったので、霧島で火山の見学をしました。えびの高原の韓国岳や硫黄山、御池などを回り、霧島温泉へ下りて鹿児島空港に行きました。霧島温泉を下ったところで、シラスの露頭と噴気を見ることができました。帰りの飛行機からは数日前に訪れた青島が眼下に見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

2012年7月沖縄

夏の沖縄は6年ぶり。家族4人で、ひと足先に夏を楽しんだ。1日目は正午に静岡空港から那覇に飛んで、奥さんと合流して知念のフミさんと姪っこに会い、おもろ町をぶらぶら。

P703006101P703007001_2P703007901P703008801P703010101P703010601

2日目は朝早くホテルを出て、本部港から水納島へ行き海水浴。海がとてもきれいで大潮で干潮で浜が広く、ラグーンが狭くっていた。6年前より浜はごたごたしてなくて、ゆっくり過ごせた。ランチはタコカレー。1時の船便で本部港に戻り、カヌチャベイに入り、海岸のプールで泳ぐ。カヌチャベイの正面はキャンプシュアブのある辺野古沖である。

P703010401P704013301P704014801P704017001P704017801P704020201P704018901_2

3日目は午前中プールで遊び、古宇利大橋を渡り、新しくできた運天の橋も渡り、お腹がへったので、もとぶ食堂まで行ってゴウヤチャンプル定食を食べて、今帰仁城跡を見学。とても暑い。名護のJAで買物をして、マハイナに行く。温泉で汗を流し、瀬底島を見ながらオリオンビールを飲み、眠たくなったので寝る。

P704020801P705421001P705024101

4日目は帰りが12時過ぎの便なので、朝食を終えたらホテルを出て、那覇空港に向かう。空港でのんびりしていたら、高校時代の親友にばったり会う。彼は会社職員旅行で東京から着いたところだった。天気はよく、今回旅した知念や名護、本部などが眼下に見えた。与論島や沖永良部島も見え、短い夏が過ぎていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

伊豆大島

Okada110917  Member110917  9月16-18日に伊豆大 島に行ってきた。 私としては大学2年の時に杉山先生の巡検で来て以来だと思う。今回は4年生の学生との旅だ。8人16日の夜に東京竹芝を出て、朝5時に大島の岡田港に着いた。東雲から動きだし、まず三原山へ。あいにく霧で火口は見えず、西海岸を南下することにした。

Outcrap_oshimaHabubayCraterc87Crater地層の切断面など観察して、波浮港へ行き、筆島を見て、クダッチで昼食をした。朝5時から見学しているので、昼までがながい。再び三原山山頂に行き、少し霧が晴れたのでカルデラ内の中央火口丘へ登る。火口丘に登って火口周回コースをとったが、霧がでてきて何も見えなくなった。雨も横殴りで降りだした。しかし、日がさし虹が見え、中央火口と87年のB火口を見ることができた。奇跡的に残った三原神社にも参拝した。

Miharayama01 87volcanoc Runin_clif Volcano_muse 夜は島に住んだ後輩の家でごちそうになって、楽しい時間を過ごした。18日も晴れ、まず三原山山頂へ行き、カルデラと中央火口丘を見て、87年の割れ目噴火C火口列を見た。荒々しい火山噴火のようすが印象的だった。三原山の北側山腹を巡り、行者窟の海岸へ行き、東海岸の古い火山噴出物と海岸の転石に含まれる閃緑岩の角礫を見る。お昼に元町も行き、火山博物館を見学して、午後2時の熱海行きの高速船で大島を離れた。

今回はバスと徒歩という30数年前の巡検と違って、レンタカーを使ったことで、多くの地点で大島全体の地質と地形を見ることができた。ただし、中央火口丘の周回や行者窟海岸などでは相当に歩いた。大島に住む後輩にも会え、87年の火山活動の実際の場所を見学できてよい巡検ができた。案内してくれた星野くんに感謝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

2011沖縄卒業旅行

今年も沖縄卒業旅行に行ってきた。今回は3月5日~8日までの3泊4日。7日が雨だったが、昨年のようにトラップにあうこともなく、むしろ喜びサプライズが多い旅で、無事に帰りついた。

P100026201 P100028101 P1000285011日目は、とても早い便で沖縄に発ち、昼前にいつもの知念岬へ行き、いつもの「くるくま」で食事をしました。午後は、予座岳の大里砕石で露頭見せてもらい、琉球層群の下部から上部全体を観察した。採石場はとても広く、天気がよく暑い中での見学だった。

早めにホテルに帰り、国際通りに繰り出した。今回はホテルが豪華で、朝食つきで前回とは大違い。牧志公設市場の2階で夕食をとっていると、旅行をキャンセルした学生があらわれた。私たちに秘密にしてあとを追って旅行に合流したとのこと。これは最大のサプライズだった。

2日目は、まず那覇のおもろ町にある県立博物館に行って見学をした。自然から琉球の歴史民俗など、きれいに展示してあった。「骨」の特別展もあり、ゆっくりと見学した。

P100030201 P100030301 P100031101 P100032801 無料の高速道路を使って、北部に向かい、許田の道の駅で弁当を買い、昼は古宇利島でとった。天気がよかったので、古宇利大橋と海がとてもきれいだった。時間もなくなったので、午後は瀬底島に行き、そこで琉球層群のサンゴ石灰岩を探すことにした。瀬底島では西側の海岸で露頭をさがし、サンゴの密集する露頭を見学することができた。

P100033301 P100036901 P100035801 3日目は朝から雨だっが、学生のグループは朝6時から慶佐次湾カヌーツアーに出かけた。私たちは、沖縄島最北端の辺戸岬に行き、古生代の石灰岩を見た。月曜日だったこともあり、観光客はほとんどいなかった。ヤンバルの森を抜ける北東部の海岸線沿いの道を走り、慶佐次湾で学生グループと合流して、食事をした。そのあと、嘉陽海岸で古第三系の嘉陽層を見学した。目当ては嘉陽層の生痕化石だったが、お目当てのネレイテス生痕相を発見できなかった。しかし、タービダイトや褶曲構造など、嘉陽層の特徴をじっくりと見ることができた。

P100037701 P100037801 P100039301 4日目は、勝連諸島の宮城島の海岸で、知念層を見学した。ここでも大きな露頭が海岸に出ていて、貝化石や火山灰層を探してじっくりと見学した。レンタカーを3時には返却しなくてはならなかったこともあり、正午にここを切り上げ、那覇空港に向かった。

P100039901 今年の沖縄は風も強く寒かった。そのため、初日以外は朝夕セーターを着ていた。琉球層群はやはり、砕屑性の堆積物が多く、海進期にサンゴ石灰岩が薄く堆積するという特徴を見学することができ、その堆積様式など考えるところが多くあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

沖縄卒業旅行2010

Okp1050240_2Okp1050237_5 3年ぶりの沖縄卒業旅行です。前日の津波警報で東海道も国道も東名も通れず、東京に行くのに大変でした。今回のキーワードは「トラップ(罠)」でした。前日から何度トラップにはまったことか。とはいっても、天気にもほぼ恵まれ、そこそこ成果もあり、みな無事に旅を終えました。

Okp1050252_4Okp1050267 1日目は、知念岬から守礼カントリーの山の崖を目指しますが、ブッシュトラップとハブの恐怖に阻まれ断念。ただし、運動場の崖が崩れていて、とりあえず知念層の一部を観察できました。時間がなくなり、平和祈念公園に行きました。

Okp1050279Okp1050284_2Okp1050290_2  2日目は、本部半島に行って、古宇利島へ、あいにく天気が悪かったですが、なんとか琉球層群の下位の礫層や琉球層群の石灰岩などを観察できました。午後に古宇利島をあとにして崎山海岸に行ったときには雷雨になり、観察を断念しました。

Okp1050305_2Okp1050348Okp1050384_2   3日目は美ら海水族館を見学して、海洋公園内の海岸の石灰岩と今帰仁層のアンモナイト化石を観察して、午後は学生は東海岸の慶佐次でカヌーとマングローブツアー、私たちは昨日のリベンジで崎山海岸の琉球層群を見学に行きました。夕食は名護のレストランに学生がトラップされて、私たちもお付き合いしました。

Okp1050391Okp1050395_2 4日目は2時空港で集合ということで、私たちは東海岸の慶佐次のマングローブと始新世の嘉陽層を見学。たまたま立ち寄った海岸ではヌムリテス(貨幣石)石灰岩らしきものを発見しました。無事、旅を終えましたが、帰ってきた羽田は冬になっていました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

中伊豆の紅葉

P104082901P104081801P104081101P104082501    12月1日に博物館の親睦会で中伊豆に紅葉狩りに行ってきました。写真は修善寺の虹の里の紅葉で、ちょうど匠の村付近がとてもきれいでした。園内をめぐり、ロイヤルガーデンまで来たときに、以前、春だったか花がとてもきれいな季節にここに来たことを想いだしました。前日の御殿場といい、2日連続して晩秋のゆっくりした時間を過ごすことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月30日 (月)

御殿場の紅葉

P104076601P104076901P104077101   今日は奥さんと、御殿場の二の岡ハムに、お正月用のハムを買いにいきました。あまりよい天気ではありませんでしたし、富士山もみれませんでしたが、なんとか天気ももち、きれいな紅葉を楽しむことができました。毎年、二の岡ハムの隣の公園の紅葉を撮影しますが、今年は肌寒く、さびしさが感じられました。

P104079201P104077601P104078601jpgP104078801    二の岡ハムの手前にあるSBSマイホームセンターには、どういうわけか、恐竜がいました。その近くのお宅の門のところの風景と紅葉はとてもきれいでした。すぎゆく秋をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

ちょこっと北海道 その2

P1010438bP1010399bP1010419bjpgP1010434b    旭川では、旭川ターミナルホテルの旭山動物園無料送迎プランを使って動物園を見学しました。平日にもかかわらず、大勢の人が動物園に来ていました。この動物園の人気の秘密は、動物をとても間近に見れることで、同一空間に人と動物がいる感覚を味わえることだと実感しました。

P1010355bP1010375bP1010407bP1010409b    園内にはそれ以外にも、職員の手によるいろいろな工夫もありましたが、来園者はあまり関心を示しているようでもなかったと思われます。資料館では特別展もやっていましたが、訪れる人はほとんどありませんでした。旭山動物園の木々は紅葉していて、各動物展示館の雑踏をよそに、しばし晩秋の木立の雰囲気を楽しみました。

P1010471bP1010475bP1010503bP1010559b    旭川から札幌経由で小樽に行き、夜の運河沿いを散策して、天狗山からの夜景を楽しみました。次の日は、小樽市総合博物館に行きましたが、そこは鉄道博物館でした。しかし、小樽港や手宮駅などの歴史と機関車も見れて、意外と楽しめました。別館の運河館で、消防犬「文公」も見て、北一硝子など立ち並ぶ商家街を散策しました。小樽では寿司を食べてしまい、小樽ラーメンは食べられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧