2007年3月30日 (金)

ナイトミュージアム

今晩、Night at the Museumをうちの奥さんと二人で見に行きました。映画を二人で見に行くのも久しぶりでしたが、50歳以上だと割引なので、これからはカップルデー以外でも気軽に映画にいけそうです。この映画に行ったのは、博物館、特にAmerican Museum of Natural Historyがモデルになっていることから興味があったことと、明日からうちの博物館でもナイトミュージアムというイベントを行うことから、一度映画を見ていなければと思ったからでした。

Night at the Museumは、夜の博物館でジオラマの展示物などが生き生きと活動するというファンタジーに、主人公の自立と親子愛的なテーマを重ねたもので、映画全体のつくりとしては「ホームアローン」的な物語した。舞台となる博物館では、American Museum of Natural Historyのイメージがコンパクトに表現されていましたが、しかたがないことですが、あまりに狭く薄っぺら感じがして、そのストーリーの内容同様に残念に思いました。

しかし、映画と同様にこの映画で博物館に興味をもって来館してださる観客の方が増えることは、博物館の社会的な存在や博物館のもつロマンをある程度表現してくれた映画として、意味あるものとして、また楽しく見させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)